https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-818694044

(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

予約制になります。ご来院の際は お電話 お問い合わせください。

◆受付時間・お問い合わせ◆       ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00        木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日  午後14:00~17:00)

完全予約制 お電話 お問い合わせ でご予約下さい

※2回目以降4,000円(税別)

※金額返金保証について

当院では満足いただけなかった方に全額返金保証をつけさせて頂いております。

 満足いただけなった方は24時間以内にメール、またはお電話下さい。

 ご返金させていただきます。

24時間以降になってしまいますと返金できないのでご了承下さい。

 

椎間板ヘルニアのセルフトレーニング

筋トレではありません。関節を強くする関節トレーニングです!

腰椎椎間板ヘルニアはもう治らないと思っていませんか?

当院は『脊柱管狭窄症腰椎分離症腰椎椎間板ヘルニア』に特化した治療を行っています。

ではどうのような治療を行っているのか?簡単に説明しましょう。

■ヘルニアが起こる原因とは?

身体には大小約600個の筋肉があります。

その中で関節を支える筋肉は12個と決まっています。

腰に関連する筋肉は4個だけです。この4個の筋肉が筋力低下を起こすと  腰に関連する関節が不安定になり、正しい関節運動が出来ない状態を繰り返すことで、腰に負担がかかり痛みがでるのです。

脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、腰椎分離症、坐骨神経痛、すべり症、    椎間関節症、坐骨神経痛、ギックリ腰など全て同じ原因で引き起こされます。

 

■腰に関連する4つの筋肉とは?

腸腰筋、多裂筋、内側ハムストリングス、内転筋

これら4つの筋肉を単独で促通(筋収縮)させるのが他院との一番大きな  違いになります。

関節には色々な筋肉が覆いかぶせるように付着しています。        関節を弱くする4つの筋肉だけ筋力アップさせるのが重要なのです。    それには特殊な技術を必要とします。

 

■自宅で出来るセルフトレーニングを指導します。

4つの筋肉をセルフトレーニングをする人としない人は回復のスピードが  大きく違ってきます。歴然とした違いがあります。

トレーニング時間は5~10分で出来る簡単なトレーニングです。     ただ正確なフォームと出来るだけ力強く行うというのがポイントです。

ついつい自己流にならないようにセルフトレーニング専用の動画を配布して います。

 

初回特別割引

       脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症

でお悩みの方へ 

 

初回6000円→半額の

3000円(完全予約制)

(2回目以降4000円)

※税別価格となります。

 ※(完全予約制)お電話でご予約下さい。

 

さらに、以下2つの来院特典をお付けします!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

095-881-1918

◆受付時間◆ 午前9:00~13:00

                     午後15:00~19:00

                    (土曜日 9:00~17:00)

◆休診日◆ 木曜午後・日曜祝日

腰下肢の痛みの原因となる2大腰部疾患

ヒトの腰椎には直立歩行によって過大の加重がかかることにより、     腰痛が宿命となりました。

腰痛になる確率は80%と言われ、同時に下肢痛が生じることも少なく   ありません。

この腰下肢痛を引き起こす、2大腰部疾患が腰部脊柱管狭窄症』   『椎間板ヘルニア』です。

この二つの問題を比較しながら紐解いていき、症状改善への道しるべとさせて頂きます。

 

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違いを知る

1、特徴的な症状 -あなたの痛みやしびれの症状は?-

 

2.鑑別診断 -専門家でも見分けが難しい!-

上記の症状でどちらかに当てはまった方もいれば、どちらにも当てはまって はっきりしない方もみえるのではないでしょうか?

そうです。脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの鑑別は、専門家でも非常に難しいのです。

加えて、レントゲンやMRIで解剖学的な異常所見があったとしても、それが現在の症状と一致するとは断定できませんよね。

このために、処方された薬を飲んでも効果がなかったり、手術をしても痛みが消失しなかったり、再発するということが起こるのです。

これをふまえて、双方の特徴を紐解いていきましょう。

 ※解剖学的要因による症状を改善するには、薬で対症療法をするか手術しか ありません。

しかし、機能的要因が残っている以上、それらの効果はないか消失しても  再発の可能性があるのです。

 

 

3.セルフ検査 -ご自分でどちらのパターンか検査をしてみましょう!-

以下の検査で問題がある場合、それに該当する症状であると考えられます。

さらに、その問題となる筋の収縮不全を改善すれば今のお悩みを改善する  確率が高くなります!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

095-881-1918

◆受付時間◆ 午前9:00~13:00

                     午後15:00~19:00

                    (土曜日 9:00~17:00)

◆休診日◆ 木曜午後・日曜祝日