(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間◆                    ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00     木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日 9:00~17:00

オスグットプロジェクト

スポーツ診療 料金 3000円+保険診療

 

オスグッド病の発症部位

 

オスグットは脛骨粗面(膝のお皿がある下部)への牽引が要因となって

脛骨の一部が剥がれてしまったり、大きく隆起し変形してしまうことがあるれっきとした骨の障害です。

痛みを訴える場所は、膝周り全体に及ぶケースもありますが、実際に炎症や骨の剥離、

そして剥離した骨の遊離が発症するのは膝のお皿(膝蓋骨)がある下の部分から

脛の付着部位である脛骨粗面にかけての比較的狭いエリアが中心です。

 

発症時期

 

発症年齢に関しては男女差はありますが、男子の場合は小学高学年から16歳程度まで、

女子の場合は14歳~15歳程度までの期間に9割以上の子供がオスグッド病の発症時期

になります。

なぜオスグッド(成長痛)になる人、ならない人がいるのか? 

 

病院で診察してもらうと「オスグッドは成長痛です」と説明を受けます。

オスグッドが成長痛というのであれば、成長期にあるすべての人がなっても 

おかしくないと思いませんか?

 片膝だけがオスグッドになって、反対側の膝はどうもない。

 これっておかしいと思いませんか?いったい何故でしょう。

オスグッドになる人は、姿勢が悪く柔軟性に欠ける身体、筋肉の硬化や過緊張を招きやすい動き、

身体にとって望ましくない動きをしているのです。

 その結果、一所懸命運動すればするほど、筋肉を硬化させてしまっているのです。

オスグッドのメカニズム

 

オスグッドのメカニズムは、主に下腿の伸展運動を行う際に強い筋力を発揮する

大腿四頭筋の働きによります。大腿四頭筋から膝関節をまたいでつながる

脛骨の前面部分の付着面に「強い牽引作用」「繰り返しの反復作用」がかかり続ける事で、

骨がはがれるなどの症状をもたらすのがオスグッド病の発症要因のひとつとなっています。

まだ成長期にある軟骨組織の多い子供の骨の場合は負担を大きく受けてしまう結果となるのです。

また筋肉や腱の成長が追いつかない事も原因のひとつとして考えられます。

 

■最も強く筋肉の伸縮が発揮される動作を具体的に考えてみると

 

●ジャンプ動作

●ダッシュ動作

●ストップ動作

などの動きを頻繁に繰り返し求められるスポーツ競技に発症する可能性が最も高いと言えます。

具体的にこれらの動作を踏まえ、ジャンプ動作やダッシュ動作が繰り返されるスポーツ競技を見ていくと

 ●バスケットボール

 ●バレーボール

 ●テニス

 ●サッカー

 ●ハンドボール

 ●陸上競技

●野球 

 などがオスグット病を発症する可能性が高いスポーツ競技と考える事が出来ます。

オスグッド病の症状として代表的な症状の特徴としては

 

●運動時に強い痛みを発症する

●膝の下部(脛骨粗面)に腫れがみられる

●膝の下部(脛骨粗面)に熱感がみられる

などの症状がみられるのが特徴です。

運動時に強い痛みを発症するケースでは既にオスグッド病が発症している段階で、

運動などによる刺激によって患部の炎症が大きくなるために痛みを発症するようになるケースです。

初期症状では、運動時以外は痛みを生じる事が少なく、発見が遅れるケースが多いのも

オスグッド病の特徴のひとつでもあります。

 

オスグッド病の治療では基本的に手術療法を行う事はありません。

近年の医療では、できる限り幼少期における治療において手術療法は負担が大きいため

保存療法や装具療法で治療をしていくのが基本となっているためです。

稀に、脛骨粗面が大きく剥離してしまい、その剥離した骨が遊離した状態になった場合のみ、

摘出手術を行う事もあります。

しかし、このように手術が必要となるケースは非常に稀なケースです。

 

早期発見・早期治療で適切な対処を

 

子供によって当然個人差はありますが、症状がある程度悪化し、

明らかに痛みを感じているにもかかわらず症状を訴えてこなかったり、

我慢しながら練習や試合を継続し続ける子供も中にはいるでしょう。

 

ようやくレギュラーをとれたばかりの選手や、世代交代で自分たちの代となり

責任を感じている時などは、このようにいつもよりも我慢し続けてしまう傾向が見られるのも事実です。

どんな症状でも同じですが、早期治療したほうが早く回復します。

時間が経過したオスグッドは筋膜が整合しにくくなります。

膝の痛みを早期にとるには筋膜の整合が一番のポイントだからです。

オスグットの発生から早ければ早いほど筋膜の整合確率は高くなります。

田中整骨院のオスグッドはどんな治療法なのか?

 

歩く、走る動作は股関節、膝関節、足関節の三つ関節がうまく連動して

初めてスムーズに動くことができます。もし膝の痛みがあれば、

それに関連した股関節や足関節も動きが悪くなっている可能性があります。

それで、股関節、膝関節、足関節の連動性を良くする手技を行います。

簡単に言えば、それらの各関節の動きを良くする手法になります。

それから次に一番大事な手技を行うことになります。

 

ふともも前面、ハムストリング、腸腰筋、大殿筋などを調整します。

普通のオスグッドであればここまでの治療で痛みは解消します。

しかし、オスグッドの症状もピンキリでして、超重症(半年も1年も前から悩んでいるような)

のオスグッドの場合はさらに特殊な治療を行います。

 

それは、ひざ患部の筋膜の分離、捻れ、歪み、シワなどを正常に整えることです。

 

筋膜を整える特殊な手法は少々痛みを伴います。

この特殊な手法を文章化することは難しいので内容は割愛させていただきます。

この二つの手法が膝の痛い症状を解決してくれるポイントになります。

 

練習復帰の目安

 

選手に口酸っぱく説明しているのが、練習復帰の目安です。

殆どの選手が少し膝の痛みが緩和すると練習を行い、又再発してしまう、

その繰り返しが治りを一段と遅くする原因なのです。

その理由は、特殊な手法で脛骨粗面の筋膜を整合しますが、

日常生活の中で又整合が少し分離します。

整合が安定するには5回前後の治療が必要になります。

(治療回数はオスグッド症状強弱レベルで変わります)

 

そこで、復帰目安としては、80%ダッシュを数本行い(20~30メートルの距離)、

膝の痛みを感じない、気にならないというのが、練習復帰の目安となります。

どんなスポーツでも、まず走って痛く無いというのが最低条件です。

それからジャンプ、ターン、ストップ、蹴るなどの動きになるのです。

 

もし、それらの動きで痛みが出るのなら、直ぐに練習を中止し、

ストレッチやアイシングなど膝の痛みが出ないトレーニングに変更して下さい。

そして一日休養をとれば分離した筋膜は自然と勝手に整合していきます。

ここが大事です!(当院の治療を受けたとして)

殆どの選手が膝の痛みを我慢して練習を繰り返し、筋膜の整合を完全に分離させるから、

整合しにくくなるのが現状です。膝の痛みは本人しか分かりません。

自分をコントロールする能力が必要になります。

監督、コーチ、と常時膝のコンデションを説明しながら練習するようにしてください。

重要なことは「痛い練習はやらない」これを徹底しなければいけません。

中途半端な練習を繰り返して、オスグッドになったのですから。 

「練習しながら治す」は、非効率!

 

スポーツで起きた怪我なんて、努力と気合いで治せる

そんな幼少時代を過ごした方もいらっしゃると思います

しかし、残念ではありますが、スポーツによる怪我は、努力だけでは、決して治りません。

また、治療をしながら完治を目指すことも、決してオススメをいたしません。

私は、医師ではなく一人の施術家として、スポーツをされているプロやアマチュアの方へ

きっぱりとお伝えいたします。

「やりながら」は治りません。 完治してから、大いにスポーツを楽しみましょう

 

オスグッド病は早期発見、早期治療の2点がなされれば手術に至る前にほぼ確実に

完治できる疾患でもあります。

プロとアマチュアの違いは、練習と休憩のメリハリがついていることです。

問題意識をきちっと持ち、完治してから大いにスポーツを楽しみましょう。

それがスポーツ選手の患者様に1番必要なことだと断言いたします

 

田中整骨院では、もちろん治療に精一杯の力を入れております。

しかし完治を目指すには、それ以上に患者様のコンディションが非常に大切です。

「休む時はしっかり休む」ということに重点を置き、可能な状態であれば、

最低限行うことができるトレーニング法をお伝えいたします。

最低限行うことができるトレーニングのポイント

 

基本的に80%ダッシュを数本行って、ひざの痛みが無い、膝痛が気にならない、

ということであれば「徐々に練習復帰していいよ」とOKを出しています。

しかし、練習時間が長くなると膝が痛い、ふくろはぎが痛い、関節が痛い、

などの症状が出てくると、即、コートから外れ別メニューの練習

(ひざの痛みが出ない程度)を行うように指示いています

 

ひざの痛みが出たら、直ぐにコートから外れる」これが非常に大事なことです。

なぜならば、膝痛が発生したとうことは、せっかく整っていた筋膜が(しっかりくっついていた筋膜)

また分離、捻れ、歪みが発生したということになります。

ここで我慢してトレーニングを無理に続けていると、筋膜が整合しにくくなるのです。

 

何回でも言います!トレーニング中、少しでもひざの痛みが出たならば

即、コートから外れて、膝のストレッチやアイシングなどして負担をかけず1日休養すれば、

膝周辺の筋膜は勝手に整合していきます。ここが大事です!

完治するまでは「ひざに痛みの出ない練習だけを行う」これが重要なポイントです。

 

「痛い!」というのは身体が「動くな!」というサインなのです。

患部や筋肉と会話をしながら練習するクセをつけましょう。

痛みを持った状態で練習しても決して上手くなりません。

返って、痛いところをかばって他の関節などにしわ寄せが起こり

腰が痛くなったり、足首が痛くなったりすることもあるのです。

 

オスグッド患者の95%の方が改善しています。

 

これまで何百人以上施術させていただいたオスグッド患者さんの95%は改善しております。

残りの5%の方は、ストレス性のオスグッド又は手術対象の症状です。 

オスグッドにストレス性??と思われるオスグットと思いますが、ここ数年、数が増えています。

例えば、監督やコーチからのプレッシャーや部活仲間との人間関係のこじれ、

学校内でのイジメなど、ストレスが溜まると免疫力が落ち、筋肉、靭帯、筋膜は縮んで硬くなります。

一度取れた痛みであっても原因がストレスであれば症状はすぐに再発します。

肉体的な問題ばかりではなく、心の問題を抱えているので時間がかかるのです。

 

当院はNBCの情報番組「あっ!ぷる」で、スポーツ障害、交通事故専門院として紹介されました。

 

特にオスグッド専門院は、長崎県では唯一当院だけです。

一般に成長痛と言われている小学高学年から中学生にかけて発生する「オスグッド病」。

なった者しか分からない、激しい、辛い痛みです。

オスグッドの痛みで悩んでいるスポーツ選手、早期に練習復帰したいスポーツ選手、

どうしても今度の試合には出たいスポーツ選手など、是非ご相談ください。

オスグッドは私が責任もって面倒見ます!!

 

突然の膝の痛み、何ヶ月も続く膝の痛みは本人にとっても、お父さん、お母さんにとっても

すごく心配だと思います。 痛くて練習が出来ない、レギュラーから外された、

この膝の痛みはいつまで続くのだろう、

今度の大会はどうしても出場したいけど。。。

この膝が。。。ストレスも溜まりますよね。

痛みを我慢し続けると、他の部位まで極度に負担がかかり、

腰が痛くなったり、足首が痛くなったり、関連した痛みが発生します。

 

「オスグッドプロジェクト」でスタッフ一同

全面的にサポートします。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

095-881-1918

◆受付時間◆ 午前9:00~13:00

                     午後15:00~19:00

                    (土曜日 9:00~17:00)

◆休診日◆ 木曜午後・日曜祝日