(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間◆                    ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00     木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日 9:00~17:00

有痛性外脛骨プロジェクト

有痛性外脛骨とは

外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨

(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。

多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、

これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。

 

そもそもは舟状骨粗面という足の内側に出っ張った部分があるのですが、

その部分に後脛骨筋という筋肉がついています。

 

この筋肉は足の土踏まずに重要な役割をしていて、

この筋肉が緊張することで、足のアーチが保たれています。

有痛性外脛骨の人は、多くの場合、土踏まずが低くアーチのない足、

いわゆる扁平足の傾向のある足をしています。

 

有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、

成人になって疼痛が発症することも少なくありません。

 

 

原因

痛みのメカニズムとしては、捻挫や繰り返される後脛骨筋の引っ張る作用によって、外脛骨部分が舟状骨の部分からはがれるようになって、その部分で炎症をおこします。

 

女子に多く、扁平足(へんぺいそく)傾向になっている方に有痛性外脛骨は多く見られます。

 

 

有痛性外脛骨の診断

有痛性外脛骨は、足部内側に骨性隆起が認められ、

同部に自発痛および圧痛を伴うことから診断は容易です。

解剖学的には同部に後脛骨筋腱が付着しているため(図)、この腱の走行を辿ると外脛骨の部位が容易に確認できます。

 

本来ならば存在しない過剰な骨であるため、骨の大きさだけ膨隆(ぼうりゅう)し、押すと痛みを伴います。激しい痛みではありませんが、スポーツ活動に支障を来します。

 

有痛性外脛骨に最も効果のある3つのストレッチ

①前脛骨筋ストレッチ

・足の甲、前のすねの筋肉が伸びます

・なるべく膝を高くあげる

・バランスをくずさないように手でしっかり支える

②足首回し・足指曲げ伸ばし

・重ねた側の足の指の間に足とは逆手の指をいれて、足をしっかりと  つかみます

・反対の手で、足首をつかんで固定してゆっくりまわす。

・足首を回すときに重ねた足が不安定だとうまく回せません

・自分自身でも足首がどれくらい動くか確認しながら

 大きく回していきます。

田中整骨院ではどのような治療をするのか?

ズバリ、ふくろはぎの筋肉(後脛骨筋)を調整するのがポイントになります。

そして、足底筋、母指外転筋も調整します。

しかし、ただ単純にふくらはぎをマッサージすれば痛みが取れるのか?

そんな簡単ものではありません。

そこには高度な特殊テクニックがあります。

 

まとめ

有痛性外脛骨の痛みが出ているときは練習量を落とさなければなりません。

 

「痛い!」ということは、体が「動くな!」とサインを出しているのです。

 

このサインを無視して練習していると、脳はこれだけサイン出しているのに…と思い、サインだけでは気づかないのだと考え、身体の非常用スイッチを押して全く動かないようにして身体を守るのです。

 

「痛い!」ときは患部と会話をしながら、痛みの出ない練習をする工夫が必要です。

自分でコントロールするクセをつけましょう!

そのような状態で練習しても上手くはなりません!

 

返って患部に負担かけないように別のところにシワ寄せが出てきます。

例えば、膝、腰、股関節などです。

 

「有痛性外脛骨プロジェクト」であなたを全面的にサポートします!

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

オスグット』、『交通事故』、『産後の骨盤調整』、『尾骨専門治療

田中整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ご予約・お問い合わせ

TEL:095-881-1918 

E-mailoffice-tanaka@mxa.cncm.ne.jp

※ホームページを見てとお電話下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆