(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間◆                    ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00     木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日 9:00~17:00

メディア掲載

平成27年2月1日(日)、西日本新聞の「風人もよう」に当院の記事が掲載されました。

 

記事の内容は… 捻挫や肉離れ、野球肩などのスポーツ障害…。スポーツ選手にとって、身体の故障は選手生命を左右することもある。卒業までと期限が限らる学生は短い期間でも競技ができなければ大きなチャンスを失うことも少なくない。「このケガさえなかったら、と思う選手を一人でも助けたい」と、熱く語る。 

 時津町に開いた整骨院で、県内でも数少ないスポーツ障害治療にちからを入れる。バレーボールや駅伝などの大会のトレーナーをボランティアで務め、昨年夏には母校の海星高校(長崎市)が出場した甲子園にも同行。交通事故によるむち打ちなどの治療も行ない、県外や外国から訪れる患者もいるという。 

 旅行会社に勤めていた26歳の時、ストレスから体調を崩し、退職を余儀なくされた。さまざまな職を転々としていた30歳の時、患ったぎっくり腰が転機となった。友人に勧められて、はり治療を受け、すぐに回復したことに衝撃を受けた。「こんな世界があるのか」と、働きながら専門学校に通い、柔道整復師や鍼灸師などの三つの国家資格を5年かけて習得した。 

 36歳で開院したものの、初めはスポーツ障害の治療がうまくできなかった。落ち込みながらも各地の講習会などに出かけ技術の習得を続けた。「これまで研修にかけた費用で、マンション買えますよ」と笑う。さまざまな治療法を学び、2年前から体の外から触れれない筋肉にアプローチするAKS(関節機能が解剖学的ストレッチ)を使って野球肩や野球肘の治療にも取り組んでいる。 

 「選手たちを助けたい」との思いの底には、自身の高校時代の苦い経験がある。バレーボール部で捻挫してしまい、最後の県総体に出場できなかった。「自分と同じ悔しい思いをしてほしくない」と、患者に向き合う日々の中で、「おかげで試合に間に合いました」「優勝できました」と言われるのが何よりの喜びだ。

 

 

 

10月31日(金)、長崎新聞の「あの人この人」に田中整骨院の記事が掲載されました。

 

記事の内容は…『田中整骨院は開業24年目。これまでも力を入れていたスポーツ障害の分野でこのほど、新たにAKS治療法(関節機能解剖学的ストレッチ)を習得。2月から野球肩、野球肘の治療を本格的に始めた。棘上筋など外からは触れない内側の筋肉にアプローチできるのがAKS。「こうした専門治療をするところを探して悩んでいる選手は多いのではないか」海星高校バレー部出身。それが縁でこの夏、甲子園に出場した同校チームにトレーナーとして付き添った。野球肩などは筋肉に負担がかかる投球動作や、体の硬さが原因の場合もあると言い、そうした助言も行う。困った挙げ句に訪ねてくる選手、患者は県内にとどまらない。早めに相談してもらい、なるべく最短期間で改善させてあげたい。うちのホームページも参考にしてと呼びかける。』

 

 

 

 

 

当院が「全国優良スポーツ治療院 BEST50選」という本に掲載されました!

当院が全国優良スポーツ治療院BEST50選

という本に掲載されました!

最短期間で治すことが一番の親切」をモットーにスタッフ一同頑張っています!

当院はスポーツ障害に特化した治療をしており絶対的な自信をもっていますのでぜひご来院ください!

 

 

 

 

当院が「神の手を持つ治療院」という本で紹介されました。

『ぎっくり腰、ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛が90%以上で治る神の手を持つ治療院という本に掲載されました!!

あなたの街の治療院で、つらい痛み、しびれが劇的に楽になる!!

症状改善の近道は自分にあった治療院選びから・・・

 

 

 

 

 

長崎新聞に当院が『交通事故専門治療院』と紹介されました。

平成22年5月に長崎新聞に県内初『交通事故専門治療院』と掲載されました!!

『一人でも多く、むち打ちに苦しんでいる痛みを解放したい。』

 スタッフ一同がこの思いで治療を行っています。

 

通常、整形外科や整骨院での治療は電気、首の牽引、マッサージなど

当院はむち打ち症専門院として特殊な手技療法で治療を行ってます。

むち打ち症の治療には自信があります!!