(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間・お問い合わせ◆       ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00        木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日  午後14:00~17:00)

足・かかと・シンスプリント 患者様の声

踵の成長痛

投稿日2018/06/18

 

小5の息子が、踵の成長痛に半年悩まされて、サッカー、フットサルを痛む中…行ったり、休んだりしていました!大事な試合が近づき、何とかしなくては…ネットを見て、すがる思いで片道1時間半かけて、田中医院に行きました。5回の施術で完璧に治り痛むことも無く、サッカー、フットサル頑張っています!まさに神の手でした。ありがとうございました‍♀️もっと、早く分かっていたら!と何度も悔やみました!皆様も迷わず安心して、是非田中医院に行ってみて下さい!

出会いに感謝してます!!!!

投稿日2017/09/25

 

今高校1年でバスケ部です。中3から足首の関節ねずみに悩まされていて、2度他の病院で手術をしましたが、その後も痛みは続き部活にも参加できずにいました。
思いきって病院を変えてみようと思い、口コミがたくさんあった田中整骨院に予約し受診しました。先生に今までの経過を話すと言われた言葉が、「悩むようなことじゃないし、全然大丈夫!!」でした。初めてそんなことを言っていただけて、この1年 親子でずっと焦る気持ちでモヤモヤしていたのが、スっととれ安心した気持ちになれました!
今まで手術後にどういう段階をふんで部活に入っていいかもわからず、すぐ動き出すと痛いし、何からやっていったらいいのかも前の病院ではハッキリ言われず自分で考えてやるしかなく、不安しかありませんでしたが、田中先生からは一つ一つ説明してもらい、やる事が明確になったので、本人も安心して言われた事をしっかりやっている毎日です。
施術も本当に丁寧で、徐々に痛みも少なくなっていて、部活も焦らず、できることからやりだしました。思いきって病院を変えてみてよかったです。田中先生に出会えて本当によかったと思っています。もっと早くに来ておけばよかったとくやみます。
ケガをしたら本人はもちろん、家族も必死に悩むし、時間もお金もずっとかかると思います。そんな方がもしいたら、一度田中先生と話をしてみてほしいです!!
私は今後家族やまわりにケガや痛みで悩んでる人がいたら、必ず紹介しようと思っています!!

走れるようになりました!

投稿日2017/06/20

 

シンスプリントになってから3ヶ月、今日は陸上中体連でした。
今年の春休みの部活中、去年とにたような痛みが、右足に出てきました。
近くの整骨院へ行くと、それはやっぱりシンスプリント。
去年も経験していたため、「またか。」と思い、3か月後に控えた陸上中体連に間に合うよう、治療を始めました。
しかし、なかなかよくなりませんでした。痛くない!と思って走ると、すぐにまた痛くなる。それの繰り返しで、本当に中体連に間に合うか不安でした。
でも、どうしても中体連に出たかった私は、いろんな整骨院を調べてみました。そんなとき、インターネットで見つけた整骨院が田中整骨院でした。
お母さんに、ここ行ってみようと言われ、中体連まで1ヶ月をきったある日、
家からは少し遠かった田中整骨院へ行きました。
すると、驚くことに走っても痛くならないようになりました。
何度も何度も痛みが繰り返ししていた私にとって、走っても痛くない!
思いきってみんなと一緒に練習できる!というのはとても嬉しかったです。
少し諦めかけていた、中体連にも出れるかもしれないと、私は田中整骨院に通いました。
そして今日、私は希望していた800mに出場することができました。
タイムはなかなかでなかったけど、私なりに思いきって走ることができました。何より、走れたことが嬉しくて、楽しかったです。
走れるように治療をしてくださって、とても感謝しています。

有痛性外脛骨

投稿日2017/06/18

 

小学校4年生の女の子で1年生からバスケットをしています。2年前くらいに有痛性外脛骨と診断され痛みに悩みながらごまかしながら練習してきましたが、痛みがまた酷くなってきたのでネットで色々と検索していたらこちらの田中整骨院にたどり着きました。治らないものだと思っていましたが、先生の有痛性外脛骨は治ります!と丁寧に細かく説明して頂き3日に1回のペースで4回施術した結果、痛みが和らぎ今は休むことなく練習しています。練習後はまだ痛いみたいですが、教えて頂いたストレッチをして自分でも毎日ケアすることを学びました。1時間かけて行くのは大変ですが、先生の絶対になおすからね!のお言葉は娘にとってはとても心強い言葉で心もケアされたようです。

『シーバー病、有痛性外脛骨、オスグット』の3つの症状で・・・

シーバー病・有痛性外脛骨・オスグットの3つの症状で…

 熊本から来ました。商学年生で幼稚園の頃からサッカーをしています。1年半前より踵が痛み出し、シーバー病と近くの病院で診断を受けました。また5人に1人が骨が出てるという有痛性外脛骨と言われ、時期が来たら治るとお医者さんに言われましたが痛がる息子を見て近くの接骨院3件くらい行きましたが、テーピングやシップをやって様子みましたが、すぐサッカーをすると痛み出す症状でした。1か月前から膝も痛み出しオスグットと診断されすがる思いで田中整骨院にいきました。先生から「3つの病気が重なってる人は珍しいですよ」と説明を受けましたが、はじめは正直「本当に痛みがなくなるだろうか?」と不安でした。1回目施術後、踵も膝も全く痛くないと息子が喜んでました。「他のところとは全然ちがう!」といい「絶対に休むのは嫌」と言っていたサッカーも「痛いことはやらない」と言われた先生の言葉通りに1週間は休みました。2回目少し痛み出してた膝も施術後にはほとんど痛みもなくなりました。踵の痛みも通常の生活ではしなくなったので、1回目の治療から13日目にサッカーをやってみました。少し痛みはあったものの、今まで通りサッカーも出来て、子供も喜んでました。今日は3回目の治療。きっともっとなくなってると思います。12日大分遠征に行ってきます。田中先生に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

3ヵ月間悩んだ捻挫…

3か月間悩んだ捻挫

 3か月前に庭先で転倒し、病院で右足首の軽い捻挫と診断されました。出産を控えており、出産も忙しさの中、様子を見ていましたが、腫れと正座した時の痛みが一行に引かず、近所の整形外科を受診したところ前距腓靭帯の損傷・距骨の挫傷と診断されました。2週間ギプス固定し、車椅子の生活となりました。お陰様で切れた靭帯は(レントゲン上では)回復しているとのことでしたが、腫れと痛みは変わらず、心配になり他の整形外科を受診しました。松葉杖で1/2の荷重と指示され、2週間ほど実施しましたが、やはり状態は改善しないままでした。まだ手のかかる子供3人と生まれたばかりの子4人…こんな状態でこれから子育てしていけるか不安で一杯でした。そんな状況で以前腰痛の治療でお世話になってた田中先生にお世話になる事考えました。捻挫して3ヶ月…正直治るのかなと思って先生にお願いしました。先生に「時間がたちすぎましたね。でも大丈夫治りますよ」と言って頂きその日から松葉杖を使わずに痛みも取れ歩けるようになりました。いつ普通に歩けるのか…痛みと腫れがとれるのかという不安がすっとなくなりました。まだまだ子育てで手がかかる為、同じ姿勢・だっこ・おんぶ・34時間おきの授乳などで足首の痛み、腰痛が出る事もありますが、先生を信じてこれからもお世話になろうと思います。どうぞよろしくお願いします。

足関節捻挫 高校1年 バスケ部

足関節捻挫 高校1年 バスケ部 

814日に捻挫をしました。(ばすけをしてて)

で近くの整骨院にかよいましたが痛みや腫れはあまり変わりませんでした。

ですが、この田中整骨院に通うようになり、今までまともに歩けなかったのが普通に歩けるようになりました。そして今もずっと通ってますが、今では普通に練習をしています。

田中整骨院はちゃんと治してくれて本当に怪我した人は行った方がいいと思いました。

足関節捻挫 高校1年 バスケ部

足関節捻挫 高校1年 バスケ部

捻挫を繰り返してて、アイシングやストレッチなどしていたけど痛みはあまり変わらず、友達が痛い所が治ったと聞いたので、聞いたら“田中整骨院”でした。日々、自分でケアをしながら田中整骨院に通い練習をしながら頑張ってます。

2012年11月02日
43歳 男性 M・T  10年間悩んだ原因不明の踵、
ふくらはぎの痛み。わずか9回の治療で・・・

43才 男性 M・T 10年間悩んだ原因不明の踵、ふくらはぎの痛み。

わずか9回の治療で・・・

 

10年間、左足踵の痛みとふくらはぎのツリやすさに苦しめられましたが“田中整骨院”との出会いで一変しました。

運動不足だったので、数年ぶりにサッカーを始めましたが、左足踵の痛みが出だしたので整形外科で診察を受けてみましたが“異常なし”と言われました。

走らなければ痛みが和らぐので、騙し騙しサッカーを続けてましたが、ふくらはぎが就寝中にツルようになり、その回数も増えてきたので他の外科・整形外科を受診してみましたが、また“異常なし”との事でした。

それから諫早市内の評判のいいと言われる整骨院を転々としましたが、ふくらはぎの張りを一時的にとるだけの治療ばかりで“走る”ことが出来ない生活が続きました。

数年後、起床時には左足首の動きも悪く、一時間以上も歩くとふくらはぎがツリそうになり、車の運転も二時間以上たつと左ソケイ部に違和感が出るようになっていました。

そんなある日の深夜、何気にPCで検索していると“田中整骨院”のブログに辿り着き、ワラを掴む気持ちで予約しました。

一回目の診察時、田中先生から“10回ぐらいはみといてほしい”と言われたのと“難しいと燃える”との言葉は患者に対する真摯さ、頼もしさを感じました。

治療翌日には変化がありました。左足ふくらはぎにツル感じも無く、久しぶりに熟睡できましたこの少しの変化がとても嬉しかった。

二回目以降、私との会話の中より(痛みの強さ・部位)治療法や部位を変えていかれまい下。まさか左足と右腹部や右腕が関係しているとは驚きました。他の整骨院では触られたこともありませんでした。

三回目でジョギング(30%の力で)ができ、七回目には50%の力で走れ、八回目にはダッシュして走れるようになり、治療の効果を強く感じていました。

九回目の治療時には左足踵とふくらはぎに痛みは無くなっていました。そして今回で治療は終了となり、“時々メンテナンスへ来てください”と田中先生と最後に話しました。

九回。私からするとたった二ヶ月間の九回の治療で全く違う生活へと変わりました。

今、田中先生へ痛みなどの変化を伝えるために書いていたノートを見ながら、出会い、治療に通えたことを嬉しく思いました。

田中先生、田中整骨院の皆さんへの感謝の気持ちで一杯です。

平成241027

母趾種子骨炎

 

拇趾種子骨炎 納 響 11才 小学生

 

陸上クラブに所属し練習していたのですが、足の痛みをひどく訴えだしたのは去年67月頃。整形外科で“両拇趾種子骨炎”と診断され週3日超音波・低周波のリハビリに通い始めました。その後一時痛みが和らいだものの再度ひどくなったのですが本人の希望もあり練習をしながらリハビリに通う日々が続きました。年が明け痛みがあまりにも激しくなったため練習を中止。リハビリに通いながら2ヶ月通常生活だけで経過したものの痛みは収まらず、ほかの整形外科に良くもやはり診断結果は同じ。測定版を作り履いてみるものの変化はなく手術を考えるように・・・その時HPを見つけ思い切って電話をして診てもらうことに。最初の治療時に“反応がない”といわれやはりダメかと半分諦める。2回目に“ストレスが原因”と言われ原因が分かった喜びと自分の日々に大きく反省。3回目には軽く走れるように!!表情も明るく変わった!驚きました。2日目の3回の治療も徐々に良くなり先生に診ていただいてよかったと心から感謝。診ていただいた5月中旬は完璧に痛みがとれたようではなかったのですが今(8月)では23キロ走れるようになりました。本にのやる気も少し出てきたので来週から少しずつ大会に出て心身ともに慣らして走れるようにと親子で思っています。最後になりましたが、先生に診て頂き痛みがなくなり本当に感謝しています。ありがとうございました。

2011年04月26日
福岡から来院された踵骨骨端症の患者様

福岡から来院された踵骨骨端症 島田萌里 12才 中学一年生

 

先日はこんな短期間に娘の足を治して下さり本当にありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。運動大好き!バスケ命!の娘が、走れない、跳べない生活にうつうつとした表情で過ごしていたこの2ヶ月は何だったのだろうという、本当に信じられない気持ちです。整形外科(一応スポーツクリニックなのですよ)にけなげにコツコツと通いリハビリを頑張っているのに一向に痛みのとれないもどかしさに親の私も同じ痛みを味わっていました。この大事な中学三年間を無駄に過ごさせてはかわいそうと、たまたまネットで見つけた先生の医院にすがる気持ちで電話をかけさせていただいてから10日足らずで娘にいつもの笑顔が戻りました。これからも何かあったら先生の“神の手”にお世話になれるという安心感があるのでしょう。娘は今朝も明るい笑顔で玄関を出ていきました。きっと、娘のように痛みに苦しんでいるスポーツ大好きな子供達が日本にはたくさんいると思います。私のようにネットで探している親御さんの為にも娘の症例をHPで紹介して下さいね。そして私の周りにいる“あきらめた痛み”に苦しんでいる方にさっそく先生の事を紹介させて頂きます。これからもスポーツ少年・少女の救世主として悩めるたくさんの子供たちを助けてあげてくださいね。

2011年01月31日
第五中足骨骨折 中1男子

第五中足骨骨折 中学1年生 男子 13

 

中一の息子が、部活動のバスケで練習と試合に明け暮れる大事な夏休みのある日。大きな試合を二つ控えた直前、ある練習試合で足の第五中足骨を骨折しました。幸いにも若木骨折。しかしギブスが外れるまでには全治4週間。一つは断念したが、二つ目の試合は丁度その4週間後だから早く治せば少しでも練習できると信じこの試合には出場させたい。その一心で以前に膝のオスグットをたった三回の治療で治してくれた田中先生をすがる思いで訪ねました。と言っても先生の施術はギプスがとれてから・・・・・その前に自分でできるトレーニングはこなしカルシウムも意欲的に摂取、神頼み・・・できる準備は全てした上で、やっとギブスが外れ先生の施術に。この時期に骨折から2週半予定より10日も早くギブスを外し外科の先生の驚く回復があったものの、田中先生の施術はまたもやこの日から10日程の間に3回で終了。勿論、練習不足から試合出場は状況的に厳しかったが少しかチャンスをもらえ本来ならただギブスが外れるだけの時期にもうコートに建てる喜び、田中先生への信頼は絶大です。それからすぐは結果は出せなかったけれど完治から約2ヶ月努力が実りチームに大きな結果をもたらせてくれました。スポーツをするものにつきもののケガを一緒に治してくれる先生が居てくれる安心を本当にありがたく思います。治療の際子供は“施術のあとは何か違う”と体の変化を感じておりました。いろいろな病気やケガが完治せずずっと病院と付き合い悩んでおられる方、痛みや治療はただ続けるのではなく田中先生を知ってから治って終わるものだと痛感しました。本当に本当にありがとうございました。

2011年01月18日
ふくらはぎの痛み、指のシビレ

2011年01月12日
踵骨の痛み

2011年01月11日
広島からの手紙

広島からの手紙

 

田中先生へ

スタッフの皆様へ

その節は急な診察と診療を本当に有難うございました。心より感謝致します。12日の診療が終了後、(本当に私の体にお気遣い頂きながら)最後に“あなたの生の声をお聞かせください。それが私達の最高のご褒美なのです”と書かれた診療・診察についての記入用紙を頂きました。その用紙には全てのこれまでの経過を到底書くことが出来ない足りない行数でしたので、今パソコンで事実のみを文章にして田中先生に感謝の意を込めたいと思います。先ずは、私の自己紹介と診察までに至った経緯(事実のみ)をお話ししたいと思います。私は広島市内に在住しています土居と申します。今から遡る事、27年前の事です。私は社会人になってから(20才頃)バドミントン競技を始めました。元々運動神経には自信がありましたので、自分で言うのも恥ずかしいですが早い期間で上級者レベルまで協議を行えるようになりました。当初は正式な競技の運動靴を使用していなかったのですが協議を始めてから半年が過ぎた頃に足の踵の(アキレス腱と踵の間)上に横5㎝程度の長さで血の塊の筋肉が出来ました。最初はあまり気にかけていなかったのですが、個人的には靴の関係で出来たものだと思い直ぐに正式なバドミントンシューズに交換しました。バドミントン競技は、練習・試合の繰り返しで常に楽しい時間を持てていたと思います。バドミントン競技を始めてから3年が過ぎた頃に広島県の福屋市で私にとってはとても大事な大きな試合がありました。そこの体育館は普通と違った作りをしていました。床がコンクリートで出来た床だったのです。当時は私も若かったのでスマッシュをする時はジャンピングスマッシュを常に行っていた時でした。バドミントン競技は皆さまがご存知の様にスポーツ競技の中で一番激しい種目とされて故障等のスポーツ障害が多い競技です。この試合が最終的に決定したと思われる私の足の踵の痛みが始まった時期です。暫くは痛みが癒えるのを待つ為に競技を休憩していました。それから幾分痛みが癒えて来たので競技をすることにしました。がしかし、痛みは一向に癒える気配はなくチームに迷惑を掛けるのが嫌で痛みと戦いながら競技は続けました。その状態で幾年が過ぎ、その頃には足の踵は極限まで痛み出したのです。日常の生活をすることも正直、不自由な状態まで踵の痛みが生じていました。具体的には1時間立って歩くのが困難な状態で、寝る時に踵をベッドにつける事すら出来ない位の痛みの状態になっていました。女房には本当に申し訳なく思っています。普通のデートも出来ずウインドーショッピング程度の事もついて歩く事も出来ず正直私の踵の痛みの事で喧嘩もありました。此の儘ではいけないと思いテレビ・雑誌・知人の紹介等により整形外科に何件も精密検査を受けに足を運びました。中には広島1位を誇る雑誌にまで載っている整形外科にも行きました。雑誌の内容は“悩んだらまずこの病院へ”と言う厳選された病院特集の本です。内容を見たら“スポーツドクター専門”と記載がありスポーツ障害の内容でバドミントン障害は自信ありと書いてありました。私は神にも縋る思いで高い治療費を出して早々に予約をしていきました。がしかし、他の整形外科とは何も変わらないCT・MRIをとって終わりでした。正直、診察料を返金して頂ければと思っています。今迄に行った整形外科の病院は正確には10件です。ですが、全て同じ回答で痛みの原因すら解らない状態で診察が終わり特に異常なしと告げられ、お決りのシップ薬を貰って帰宅をすることの繰り返しです。これが今までの私の簡単な経緯です。今回、田中先生の事を知ったのは女房が隅々インターネットで見つけてくれた整体技法の病院でした。がしかし私は正直信用していなかったものも事実です。田中先生・・・申し訳御座いません。このお礼の手紙を読まれている方も私の気持ちは分かって貰えますよね。で、早々に田中先生へお電話して今の状況と今までの経緯を話しました。電話の向こうで田中先生は幾分お怒りの様な口調で“今までの整形外科の治療は治療じゃないですよ”声を荒げた様な口調に感じました。それから電話を切って2日考えて再度電話しました。田中先生は“電話の先では私は治す自信があります”と強い口調でお話しされました。直ぐに女房と相談して田中先生の診察が出来るように時間を調整して頂き去年の1224日・25日の12日で合計5回の治療をして頂きました。この治療が信じられない療法で私が15年以上痛みに苦しんでいた幹部には1回一時間の治療の間99%触ってない事です。前文の文章に書きましたが整形外科では患部しか見ない治療に対して、田中先生は99%幹部には触らない。治療して頂いた私だけが分かる田中先生の治療は“痛みの根源の撃退”でした。痛みは踵の患部ですが、その痛みは何処から来ているのか田中先生には分かっていたみたいで電話で“治す自信があります”とはっきり述べられたのだと思いました。私の治療は合計5回ですが、診療の回数が増える度に良くなっていることが実感しました。何故なら、診療が終える度に痛い踵に痛い条件を作って田中先生の目の前で痛みの検証をしました。全体重を踵に乗せたりして痛みが和らいでいるか検証し、次の日に女房と子供と3人で長崎市内の観光を時間が許せる限り歩いてみました。時間的には2時間程度でしたが、1時間の限界をすでに超えていました。今まで15年以上も痛みに苦しんでいた事は何だったのだろうと心の底から思いました。現在、左足は99%回復で右足は85%位回復です。痛みの回復が100%としたら私は15年以上も0%の状態で過ごして来て整形外科医も分からない痛みの根源を2日間の治療で左足は99%回復で、右足は85%位回復しており正に“神の手を持つ人”だと思います。残りの痛みは、ほぼ感じない痛みの数%を田中先生に教えていただいた治療で100%に出来ると思います。田中先生は、それだけ勉強に時間を費やして色んな人の手助けをして来られたのだと思います。本当につくづく思いました。世の中には多くの医者に治せない事も治せる医者が居る事を。最後になりますが、何より日常生活が出来るようになったお礼と、少しずつですが、バドミントンも再開出来たら良いなと思っています。それと何より女房とデートができます。田中先生、本当に有難うございました。今回の田中先生に出会えた事のご縁を私なりに色んな形でこれからご縁を続けて行けたらと思います。

追記  この文章は正真正銘の事実ですので、院内及びHPでの記載をご自由にしてください。田中先生は実際には、とても優しい先生でした。

広島市内在住   土居

本当に有難う御座いました。

2009年09月09日
明日バレーの発表会なのに。。。

明日バレー大会なのに。。。

 

拝啓 朝夕はややしのぎやすくなりましたが、皆様つつがなくお過ごしのことと存じます。先日は大変お世話になり、ありがとうございました。その上、御礼が遅くなり、田中先生からお電話を頂き、かえってご迷惑をおかけすることになり、失礼致しました。あの時は、発表会前日で娘は脚に力が入らないと言い、どうしたらいいのか分からず、救急病院へ連絡したり、友人でもある衛藤先生の奥様に連絡したりと慌てていましたが、ご主人(衛藤先生)と連絡が付き診てくださるとのことでホッと致しました。皆様の勉強会のお邪魔になると承知のうえでお伺いし、快く治療していただき感謝の言葉もありません。実を申しますと、娘は絶対に治らない、立てないと諦めていたらしく、トゥシューズを履いて立ってみてと言われ、少しずつ立てるようになったことにびっくりし、大変喜んでいました。発表会で無事、踊る事が出来たのは、田中先生衛藤先生ご夫婦のおかげです。本当にありがとうございました。気候不順の祈から、切にご自愛をお祈り申し上げます。末筆ながら、ご家族の皆様にもよろしくお伝えください。                  敬具

松川 裕子

   早希