(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間◆                    ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00     木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日 9:00~17:00

スタッフ紹介

新スタッフの清水です!

 

  仕事は心が大切です!

 治療には心が表れるものです!

  優秀なスタッフが当院の一番の自慢であり、また一番の資産です!

 これからも、スタッフを一番大切にした運営をして参ります。

新人スタッフが2月から頑張っています。今後ともよろしくお願いします。(院長より)

 

はじめまして、2月16日より田中整骨院で勤務しております新スタッフの清水 敬

(しみずけい)です。出身は長崎県平戸市という「ヒラメ」が美味しいことで有名なところです。

 

僕は高校卒業後、福岡にあるスポーツインストラクターの専門学校に進学し、その後
福岡県前原市にあるスポーツクラブで4年半働いておりました。そこでは主に

筋肉トレーニングの指導、ストレッチの指導、水中運動の指導、水泳の指導などさせて

頂きました。

 

たくさんのお客様に運動指導させて頂く中で、運動の楽しさを伝える喜びを感じていました。

しかし、お客様の中には運動をしたくても腰や膝、肩など身体のどこかに痛みや違和感を

感じている方が沢山いることに気がつきました。

 

運動がしたくても、痛みや違和感など身体に不安があり、運動ができない方に対して、

どんなことが僕にできるかな?と考え、自分なりに勉強したり、整体などの講習会に

参加するようになりました。

 

丁度1年半ぐらい前に「自然形体療法」という治療法をインターネットで見つけました。
そこには沢山の症例が載っており、自然形体療法によってたくさんの症状が改善された

と書いてありました。いろいろと調べていくうちに「田中整骨院」のホームページで

スタッフ募集を見つけ、今年の2月より働かせて頂くことになりました。

 

田中整骨院で働きはじめて1ヶ月が経ちました。毎日、院長にお時間を頂き、勉強会を
開いてもらっています。勉強内容は「最短期間で治すことが、患者様にとって一番の親切

である。」をスローガンに掲げる田中整骨院の治療理念から始まり、治療方法などの

研修を中心に行っています。


「ぎっくり腰」・「椎間板ヘルニア」・「頚椎症」・「腱鞘炎」の症状や「足首内反捻挫」・

「テニス肘」・「オスグット」・「シンスプリント」などのスポーツ障害の患者さんに対する治療

方法からセルフケアの方法などを解説して頂いています。

 

田中整骨院の治療は他の整骨院とは違い、筋肉を緩めるだけのマッサージなどを行う

のではなく、しっかりとその症状の原因を見つけて、治療を行っていくものだと感じました。

 

それを強く感じたのはオスグットを患い、来院した小学生や中学生の治療を見た時でした。

整形外科などで治るまで数ヶ月~半年程度かかると言われたオスグットを田中整骨院

ではほとんどが5回前後の治療で治してしまうのです。病院などで治療などをするのが

難しい障害などを治すことができる田中整骨院の治療はすごいなと感じました。

 

今は、田中整骨院に来られる患者さんの顔と名前をしっかり覚えて、患者さんの痛みや

不安を改善できるようになることを目標に働いています。一日でも早くその目標を達成

できるように頑張っていきますので、これからよろしくお願い致します。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『オスグット』、『ムチウチ症』、『産後の骨盤調整』、『尾骨専門治療』

田中整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ご予約・お問い合わせ

TEL:095-881-1918 

E-mailoffice-tanaka@mxa.cncm.ne.jp

※ホームページを見てとお電話下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

2011年04月03日

新人スタッフの本田君です!

仕事は心が大切です! 治療には心が表れるものです!

優秀なスタッフが当院の一番の自慢であり、また一番の資産です!

これからも、スタッフを一番大切にした運営をして参ります。

新人スタッフが3月から頑張っています。今後ともよろしくお願いします。(院長より)

 

はじめまして、平成23年3月9日より務めさせて頂いている本田宜大(ほんだよしひろ)です。
眼鏡橋で有名な長崎県諫早市出身です(^¥^)
小さいころからスポーツや体を動かすのが好きで、怪我もつきものでした。
病院に行くと、「安静に」とか「運動は止めときましょう」など、

自分にとって特に試合前には考えれない話で、
でも怪我をしたくないからといって練習の質や量はおとしたくない。
その時サポートしてくれたのが整骨院の先生でした。
整骨院の先生は怪我をしていても、できる筋トレや、練習メニュー、とにかく怪我をしていてもできる事をを考えてくれました。
そうなると、メンタル面でも楽になるし、試合前でも安心して量や質を落とさず練習できました。
整骨院に通う内に自分もこんな風に人に携りたい、同じ悩みの人を助けたいと思いこの道に進みました。
高校は鎮西学院高等学校で、部活は卓球をしており、今は諫早にあるクラブチームのコーチを務めさせてもらってます。
運動がしたくても、痛みや違和感など身体に不安があり、運動ができない人に対して、 どんなことが自分にできるのか?
と考え、自分なりに勉強したり、
専門学校に通うようになりました。
自分にしか出来ない柔道整復師…クラブチームのコーチをしつつ、サポート・ケア出来る人。になれ!!ってのが夢です(笑)
どんなスポーツにも怪我は付き物です。
うちの選手達もライバルに抜かれたくない一心で怪我を隠し練習して、
試合当日や試合中に痛みが出てベストに戦えなかった子もいます。
選手が病院に行きたくない気持ちも解らなくもないです。

行けば「安静にしない」と言われるのが目に見えてます。
そこで自分は、経験を活かし、戦う選手達の”サポート”をしたい・もっと”スポーツ障害”に対して、

勉強したいと考え、ホームページや患者さんの声で、「治った」・「楽になった」という声を見て、
スポーツ障害で有名な田中整骨院で働きたいと思いました。

田中整骨院で働きはじめて1ヶ月が経ち、
毎日院長先生にお時間を頂き、朝・昼と勉強会を開いてもらっています。
勉強内容は「最短期間で治すことが、患者様にとって一番の親切である。」をスローガンに掲げる田中整骨院の治療理念から始まり、
治療方法など、各疾患に対しての対応など、研修を中心に行っています。
今は、田中整骨院に来院される患者さんの顔と名前をしっかり覚えて、
患者さんの痛みや不安を改善できるように、なれることを目標に働いています。
一日でも早く目標を達成できるように頑張っていきますので、これからよろしくお願い致します。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『オスグット』、『ムチウチ症』、『産後の骨盤調整』、『尾骨専門治療』

田中整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ご予約・お問い合わせ

TEL:095-881-1918 

E-mailoffice-tanaka@mxa.cncm.ne.jp

※ホームページを見てとお電話下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 

 

 

新スタッフの鶴です!!

 はじめまして、平成29年3月21日より田中整骨院で勤務させて頂いてます新スッタフの 鶴 雄斗(つる ゆうと )です。出身は長崎市内の西山です。「お城の形をした学校」ということでテレビ番組で珍百景に認定された片淵中学校に通っていました。

 高校は瓊浦高校で陸上を、小・中学校、専門学校では野球をしていました。

 今まで特に大きな怪我をしたことはありませんが、高校時代の陸上でいいタイムで走る(結果を出す)ためには体の調整(メンテナンス)が重要で、練習後のケアやテーピング、マッサージをしていた時に「体の事をしっかり理解したら楽しいのではないか」「スポーツをしている人達のサポートをしたい」と思うようになりました。そこで、「柔道整復師」という国家資格があることを知り学校に通い、試験に合格し資格を取得しました。

 田中整骨院を知ったのは、学校で行われた説明会をきっかけに見学の機会を頂いた時で、スポーツ外傷の患者が多く来院されるという事や、「どこが痛い、どのようにしたら痛い、原因はどこからきているのか、どのような治療をしていくのか」など一人の患者に対し、しっかりと向き合っていく先生方と、笑顔であったり、自身の症状を理解して帰っていく患者様達にとても印象深いものがあり、ここで仕事がしたいと思いました。

 田中整骨院で働き始めて数週間が経ちました。                    「最短期間で治すことが患者様にとって一番の親切である」をスローガンに掲げる田中整骨院の治療理念を元に毎日、朝とお昼に院長や清水先生、本田先生に時間を作って頂き、患者の症状やその症状の治療法や対策を勉強させてもらっています。また、「野球肩・肘」「脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「シンスプリント」「オスグット」「有痛性外脛骨」や他にも珍しい疾患も多く診察することができ、これもまた日々勉強になります。

自分も速く院長や先生方に追いつき、患者様に信頼して頂ける様 努力し、立派な医療人になりたいと思います。また、いずれはスポーツを行う人達のサポートを行う活動をしたいと思っています。目標を達成できる様に頑張りますので、これから宜しくお願い致します。