(脊柱管狭窄症、腰の痛みに特化した田中整骨院)長崎市、西彼町、諌早市、島原市、大村市、佐世保市

脊柱管狭窄症・腰椎分離症専門院

田中整骨院  

◆受付時間◆                    ◆休診日◆      〒851-2106
午前 9:00~13:00     木曜午後・日祝日   長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1  
午後 15:00~19:00

(土曜日 9:00~17:00

AKS療法とは -真実の筋ー

AKS治療(関節運動学的ストレッチ)とは

AKS – Arthrokinematic Stretch -(アルスロキネマティックストレッチ:関節運動学的ストレッチ)とは、関節機能解剖学に基づき筋の病態を考慮したストレッチングを施行することにより、筋原性の諸症状を改善するテクニックです。
具体的には問題となっている筋を選択的に抽出して、その筋の収縮性と伸張性を改善させることにより、本来の動きを取り戻します。

AKS治療によるおもな効果

脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアをはじめとして、五十肩、野球肩、膝の痛みなど筋肉に問題のある症状すべてに効果があります。

AKS治療の治療感覚は?

対象となる筋肉の筋腱移行部に牽引刺激が起こるような圧迫を加えていくと同時に、患者さまご自身にも対象となる筋の収縮運動を行っていただきます。

AKA治療 唯一の弱点とその病態

関節をコントロールする AKA治療 は痛みの治療の第1選択肢で、あらゆる痛み・しびれに効果を発揮します。

しかし、唯一その効果が及ばない弱点がありました。

それは、癒着を伴う肩関節(肩甲上腕関節)周囲炎です。

肩関節は自由度(動き)が大きいため、それを被う関節包がたるみ過ぎています。

よって、AKA治療 が得意とする関節包の撓みを上手く引き出すことが出来なかったのです。

加えて、肩関節を取り囲む筋肉は痛みで動かさない期間が続くと、その収縮性能を失うばかりか、他の組織と癒着して肩を動かせなくなります。

そうです。これが 五十肩(肩峰下滑液包周辺の癒着) の発症機序です

この五十肩を改善するために筋の真実に迫りました。

初AKS治療の誕生

AKS治療 は最初、五十肩を改善するために開発をされました。

開発にあたって浮かび上がったこと…

問題のある筋肉には必ずといっていいほど spasm(収縮不全を伴う硬結)が存在するということです。

spasm は、筋の収縮性能、伸張性能を低下させた結果、筋繊維同士もしくは筋と周りの組織の癒着を引き起こしてしまいます。

よって、これら筋の問題を 選択的に改善する AKS治療 を開発しました。

 

AKS治療 の実際は、

① 筋の伸張性を高める

筋肉をストレッチしながら、その筋腱移行部に指で牽引刺激を与える。→ 運動・解剖・生理学的に筋の伸張性が高まる。

② 筋の収縮性を高める

筋が伸張された反射(伸張反射)を利用して筋の収縮を促す。→ 運動・解剖・生理学的に筋の収縮性が高まる。

③ 癒着を剥がす

患者様には軽い筋の収縮運動をしていただき、こちらは それに少し打ち勝つようなストレッチを施す。→ 組織間、筋繊維間の癒着が剥離される。

 

 

この結果、筋の収縮性や伸張性が改善され、円滑な関節運動を獲得することが出来るのです!!

今ではあらゆる症状に対して治療効果を発揮!!

最初は五十肩のみが対象であった AKS治療 も今では様々な症状の改善に効果を発揮しています。

脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア胸郭出口症候群五十肩野球肩膝関節痛 などなど…

特に AKS治療 により、体幹の筋をコントロールして脊柱の正常な生理的彎曲を獲得すると、すべての症状が改善していきます。

田中整骨院では、丁寧な問診・検査によって問題点を抽出し、AKA治療 はもちろん筋肉に対する AKS治療 を展開してきます。

真実の筋治療、AKS治療 を是非!!

AKA STUDIO NAGOYAのHPの本文引用